お得小町の東京街歩き

徒歩、自転車、無料シャトルで東京駅周辺をくるくる周りながら、美味しく楽しくおしゃれにお得小町は今日も得を積む!Welcome to the wonderful no charge event world in Tokyo!

日本橋「花時計」ラストホットケーキと水天宮と浜町神社の豆撒きと。日本橋の節分

こんにちは。お得小町です。

ご訪問ありがとうございます。

Hellow! I'm Otokukomachi.

Thanks for coming.

今日は節分です。

皆さん、鬼は外、福は内しましたか?

 

小町は浜町神社で人生初の神社の境内で豆をまく側に回り、お豆とお札を授与していただきました°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

35年の歴史に幕!(´;ω;`)ホットケーキの花時計

 

f:id:otokukomachi:20200204131855j:plain浜町神社豆撒きの後、閉店まで2週間を切ったホットケーキの花時計に移動。

たびたびフリーペーパーなどで見かけて、一度行ってみたいと思っていた王道ホットケーキのお店「花時計」。1985年創業、再開発の為35年の歴史に幕が下りるそうです…。

平日の1時過ぎだというのに、店舗外の階段まで行列が続いています。これは計算外でした。

外でボケっと待ち合わせしてないで先に並んでおくべきだった!

手書きの美しい字で書かれた閉店のお知らせが切ない…(´;ω;`)ウッ…

やっと店内に入り、レジ前の椅子に座ってアンティーク調の上品なインテリアを眺めていると…レジの上のフェルトのミニチュアホットケーキがカワ(・∀・)イイ!!

そしてこの左下の時計らしきもの…

バターが秒針なんです!!思わず動画を撮りました。

よく見るとそこここにホットケーキが!!

メニューたてにも!

そして…この時間帯なら入れるだろうという一瞬の判断ミスで、並ぶのがちょっと遅れたために、本日のおすすめ、「コーヒーゼリー付きランチ」が私たちの前のお客さんで売り切れ!

コーヒーゼリー、食べてみたかった…(´;ω;`)

こちらは本日のおすすめ、あらびきソーセージスクランブルエッグ付き。

ピキっとジューシーでピリ辛でした。

f:id:otokukomachi:20200204134049j:plainこちらは「デラックス」ベーコン、ハム、ソーセージ、スクランブルエッグ全部のせですね。

サラダの上にはいちご、オレンジ、グレフルが。

メープルシロップは自由に使えるので、

おかず系も甘系もこの一皿でいただけてしまいます!

紅茶はポットサービスです。

素敵なお店でした。閉店前に来れて良かった!!

移転等の予定はないそうなので、あと数日、ご興味のある方はぜ足を運んでみてください。

関連ランキング:喫茶店 | 日本橋駅三越前駅茅場町駅

 

想像を超える熱さ!盛沢山の水天宮の節分豆撒き

f:id:otokukomachi:20200204132004j:plain続いてやってきたのは水天宮。

芸能人ゲストによる豆撒きの後、

15時半と17時代に一般参加者による豆撒きと豆拾いが行われます。

豆撒きのあとはミニライブも!

15時ころ到着したのですが、すでに長蛇の列…(;´Д`)

まく側をやりやい人は社務所で申し込みます。

一般参加5000円の所、今年は割引で4000円。お子様は2000円。

親子セットは5000円だそうです。

拾う側は無料です。並びますが(;^_^A

初参加だったので衝撃でした。

エコバッグを広げ始める人がいたので「???」私も偶然にも持っていたエコバッグを広げてスタンバイ。

小包装の豆がバシバシ降ってきます。

回転レシーブのごとくすごいスピードで拾っていくおばちゃん、

背の高い男性が前に来られるとことごとくブロック…

そんな中でも二袋くらい、豆からこちらに来てくれたの?

っていうくらいナイスキャッチできて、計7袋+お菓子ゲット(((o(*゚▽゚*)o)))

「今年は平日なので、皆さんがっつり拾って帰ってくださいねー!!」と司会の方の言う通り、今年は一人当たりの割り当てが多かったようです。

確かに、これが土日だったら…熾烈な戦いになることは想像に難くないです。(;'∀')

金のシールが貼ってあると、景品交換所で豪華景品と交換できるそうですが、見当たらず…金シールの為に17時からもう1ラウンドに参加する体力気力は残っていませんでした。

初参加にしてはよくやったと思います。充分すぎるほどの富(副)の分配。

豊かな街だ…。

想像を超える熱さの盛沢山の水天宮の節分レポードでした!

日本橋には、 世の中には、まだまだ知らない世界がある…

お得小町のお得の連鎖は続く…

最後までお読みくださりありがとうございます。

Thank you very much for reading the email through to the end.